トップページ > 看護部のご案内 > 新人研修ガイドライン

新人研修ガイドライン

当院の新人看護師教育は、厚生労働省の『新人看護職員ガイドライン』に沿って行っています。
新人看護師の教育は、大きく分けて2通りあります。

所属部署における個別教育

所属部署で必要な日々の看護や専門的な看護について学びます。
部署の看護師全員でサポートしますが、新人看護師1人につき、年齢の近い先輩看護師1名とベテランの先輩看護師2名が主な教育係りとして皆さんをサポートします。

ページトップ

看護部における集合教育

初心者教育で、基礎的な知識と看護技術を学びます。
この研修会は、当院キャリアラダーの一部として時間内に行います。
講師は先輩看護師なので、具体的で明日から使える内容となっています。
いろいろな部署の先輩との交流の場であり、また、新人看護師同士励ましあう場となっています。

※当院では新人看護師教育を2年かけて行います。2年目になるとサポートナース1名でのフォローとなりますが、部署全員でのサポートに変わりはありません。

■初心者教育研修会
内容
4月
  • 新規採用者オリエンテーション
    フィジカルアセスメント
    吸引
    看護倫理
講師は主に先輩看護師が行いますが、内容によっては認定看護師や薬剤師、業者が行います
5月
  • 導尿・浣腸
    フィジカルアセスメント
    食事介助と口腔ケア
6月
  • 褥瘡とスキンケア(基本編)
    輸液ポンプ・シリンジポンプ
夜勤研修を行い、夜勤が始まります
7月
  • フィジカルアセスメント
    褥瘡とスキンケア(応用編①)
8月
  • インスリン製剤の種類と抗生物質の副作用と観察
9月
  • 褥瘡とスキンケア(応用編②)
    フィジカルアセスメント
10月
  • 医療器具使用時の注意点(テルモ)
他部署へのローテーション研修を行います
11月
  • 救命救急処置技術
12月
  • 薬剤の管理(麻薬・劇薬)
1月
  • 心電図・12誘導
2月
  • 多重課題時間切迫シュミレーション
3月
  • 事例発表・修了式
■研修風景

写真

ページトップ